賃貸物件の探し方のコツは?不動産のプロが教える効率的な探し方【2022年最新版】

公開日:2021年12月23日   最終編集日:2022年01月12日

賃貸物件の探し方のコツは?不動産のプロが教える効率的な探し方【2022年最新版】

目次

1.賃貸物件の探し方の9ステップとコツ

「家族が増えた」「転職した」などライフスタイルが変化し、自分たちの生活をより良くするためにも新しい賃貸物件を検討する人はいらっしゃるのではないでしょうか?


賃貸物件を契約するためには事前準備が重要です。
賃貸物件を探している人に向けて、賃貸物件の探し方のコツや手順など詳しく解説していきます。
賃貸物件の探し方の9ステップ

2.引っ越し時期を決めましょう!

引っ越し時期により、物件探しや内見のタイミングが決まっていきます。ベストは2カ月前。
住みたい賃貸物件を探すための時間や入居するための手続きに時間が必要なため、余裕をもって取り組むようにしてください。
引っ越し時期は、重要視したい内容によって変わってきます。例えば、ライフスタイルが変化することに合
わせて引っ越しをする、費用を抑えて引っ越しをしたいなど、自分が引っ越しする目的に合わせて時期を決めましょう。


どのように引っ越し時期を決定するべきかについてお伝えしていきます。

(1)賃貸の更新時期に合わせる?

賃貸物件の契約が終わるタイミングで今後も住み続ける場合は、契約を更新する為に更新料の支払いが求められます。もし、引っ越しを検討されているのであれば、更新時期に合わせて次の賃貸物件に移動できるようにすることが理想的です。賃貸にお住まいの場合は、退去を検討している日の1~2カ月前に大家さんや不動産会社に解約告知をしなければなりません。逆に、次に住む予定の賃貸物件の契約が早すぎると現在住んでいるところと二重払いになる可能性があるため、退去日と契約を開始するタイミングに注意してください。

(2)転職/転勤時期に合わせる?

転職先や転勤の時期が決まったら職場の近くに引っ越しをするために、すぐに賃貸物件を探し始めましょう。会社によっては、家賃補助や社宅など引っ越しに関する福利厚生が充実している場合もあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。家族がいる場合は、立地条件をよく検討しなければなりません。小さなお子様がいらっしゃる家庭では、治安状況や頼れる施設が多いかなど調べる必要があります。自分1人で賃貸物件を決めてしまうのではなく、家族で話し合って決めましょう。

(3)子どもの入学時期に合わせる?

お子様がいらっしゃるご家庭の引っ越し時期を入学時期に合わせると、今までの友達関係が疎遠になる事態を避けられます。慣れない環境は子どもにも影響を与えかねません。子どもの成長に合わせて引っ越しを検討される場合は、子育てがしやすい環境だけを重要視するのではなく、子どもの負担を考慮する必要があります。子どもは順応性が高いため、一概には言えませんが、子どもを転校をさせたくないと考える場合は入学時期に合わせて引っ越しすることを考えてみてください。

(4)引っ越しの繁忙期とは?

引っ越しの繁忙期は年度の締めである3月から4月上旬です。
繁忙期は通常期と比較しても、引っ越し料金が高くなる傾向にあり、予約も取りにくいため繁忙期を避けることをおすすめします。また、繁忙期を過ぎると引っ越し費用だけでなく、賃貸物件の家賃が値下げされていることもあるので確認してみてください。引っ越しの費用を抑えたいと検討されている人は、繁忙期以外を選択し、祝日や吉日を避けるとさらにお値打ちに引っ越しすることができます。

3.予算(家賃)を決めましょう!

賃貸物件を探すときは家賃がいくらまでなら支払うことができるかを決めておきましょう。家賃だけでなく、引っ越し費用や敷金・礼金のすべての費用を計算しておく必要があります。初期費用はおおよそ家賃費用の5カ月分 です。賃貸物件の家賃を決めるときは、給料の手取りの4/1から3/1が目安 となります。例えば、給料の手取りが20万円だとすると賃貸費用は5万円から6.6万円ぐらいが妥当です。日常生活で水道光熱費を含め、どれくらいの費用がかかるかを計算した上で家賃費用を決めるようにしましょう。

4.エリアを決めましょう!

賃貸物件のエリアを探すときに注目すべき点は、近隣の治安状況やスーパーなどからの近さであります。都会は利便性が高く、食料に困ることもありませんが都心から離れているところでは車がないと移動できず、お店の営業時間が短いこともあります。日常生活する上で欠かせない項目は必ず確認しておきましょう。エリアの決め方を具体的にお伝えしていきます。

(1)職場からの通いやすさ

通勤時間は30分以内が理想 です。職場から賃貸物件が近すぎても休日に休まらず、遠すぎると通うだけで疲れてしまいます。同じ会社の同僚や先輩にどのような賃貸物件に住んでいるかを聞いてみると良いでしょう。職場からの通いやすさを優先するのであれば、オシャレな外観や実家への交通の便を求めるよりも、日常生活をより快適に過ごすことができるように考慮するべきです。

(2)子育てのしやすさ・学区で決める

賃貸物件のエリアを探すときに、家族にお子様がいる場合は子育てがしやすい環境かどうかが重要な点になります。近くに公園、スーパー、病院があるエリアは利便性が良いため人気な物件となります。また、教育機関が近くにあると送り迎えの時間を短縮でき、子どもが歩いて帰って来るときも時間がかからないため安全性が高まります。逆に繁華街など人が多く夜に物騒になるエリアは避けたほうが良いでしょう。エリアによっては、自治体が子育て支援を積極的に行っているところもあるため、事前にWebサイトで確認することがポイントです。1人暮らしとは異なり、家族の人数が増えるほど条件も増える傾向にあります。お子様が小さいと家の中で走り回ったり、物を落としたりすることがあるため、2階よりも1階に住むことを検討してみてください。引っ越し前に教育委員会から就学通知が送られてきた場合は、無視せずに引っ越す旨を担当の人に連絡するようにしてください。

(3)予算と広さで決める

賃貸物件のエリアによっては、家賃の料金が大幅に異なります。例えば、東京の人気エリアと田舎のエリアを比較した場合、同じ間取りであったとしても家賃料金が倍以上になることもあるため注意が必要です。住む人数によっては、必要な部屋数を検討する必要があります。部屋の広さや自分の予算のバランスを考えながら住みやすいエリアを決定してください。

5.間取りと広さを決めましょう!

「1人暮らし向きの物件」と「ファミリー向け物件」では、選択する間取りや広さは変わってきます。1人暮らしにおすすめの間取りやファミリー層に人気の物件の間取りを見ていきましょう。

(1)どんな間取りがいい?

まずは、間取りの種類について学んでいきましょう。

  • 1R:ワンルームと呼ばれ、部屋の中にキッチンがあるお部屋です。
  • 部屋とキッチンが別々のお部屋です。
  • 1DK:DKはダイニングキッチンの略で、ダイニングとキッチンが同じ空間にあります。
  • 1LDK:1部屋プラス、リビング・ダイニング・キッチンがあるお部屋です。


※頭の数字は部屋数を差します。

1LDKは来客が多い1人暮らしの人や同棲カップルに向いています。子どもがいる3人家族の場合は、2LDK以上だとリビングが確保できるためおすすめです。ライフスタイルに合わせて住みやすい間取りを選択してください。

(2)広さはどう決めたらいい?

大は小を兼ねることから、できるだけ広い部屋に住みたいと考えている人も多いのではないでしょうか?しかし、広さだけで選択してしまうと家賃が高額になりがちです。住む人数によって変わってきますが、1人暮らしの場合は、20㎡から40㎡、2人暮らしは40㎡から55㎡が目安。ファミリー向けは50㎡から85㎡のところに住むと不自由なく暮らせます。

6.こだわり条件を決めましょう!

さまざまな賃貸物件を見ていると理想の生活を想像する人もいらっしゃるのではないでしょうか?自分がこだわりたい条件を決めておくと、多くの物件から絞り込むことが可能です。こだわりの条件にはどのようなものがあるのかをお伝えしていきます。

(1)こだわり条件

日常生活で欠かせない部分を探すとこだわりの条件を見つけやすくなります。
例えば、音楽活動をしており演奏をする人は防音対策がされている部屋、ペットを飼っている人はペット可の部屋を選択するべきです。また、生ごみの処理を避けたい人は、ディスポーザー付きの物件を選ぶと便利でしょう。賃貸物件の立地条件によっては駐車場がないところもあるため、車やバイクを所有している人は必ずチェックしください。インターネットで検索すると、条件に合った物件を見つけることができるため、積極的に利用してみてください。

(2)物件の種類から探す

賃貸物件の種類には、タワーマンション低層マンションデザイナーズマンション などがあります。タワーマンションは眺めが良く、ジムなどの設備が整っていることから人気です。低層マンションは日当たりが良く閑静な住宅街に建っていることが多いため、お子様がいらっしゃるご家庭に支持されています。外観のオシャレにこだわりたい人はデザイナーズマンションが向いているでしょう。解放感を求める人はルーフバルコニー付きの物件を選ぶと家庭菜園なども楽しめるためおすすめです。物件の種類を探すことで必然的にこだわりの条件が発見しやすくなりエリアも絞られます。

7.物件を探しましょう!

物件探しには、ポータルサイトで探す方法と不動産仲介会社に探してもらう方法があります。どちらで探すべきか、それぞれの特徴とともにメリットやデメリットを見ていきましょう。

(1)ポータルサイトで探すメリット・デメリット

インターネットは時間を問わずに自分が調べたい物件を知ることができるため、賃貸物件探しをするときの主流な方法となっています。

ポータルサイトで探すメリット

  • 写真情報が多くイメージしやすい
  • 絞り込み機能で検索できる
  • 基本すべての物件が掲載されている

ポータルサイトでは、360度カメラで物件内を見学することも可能です。人と接することなく物件を見れるため、自分が希望する物件を条件を付け加えた上で検索するとある程度物件が絞れます。

ポータルサイトで探すデメリット

  • 多くの仲介不動産屋が同じ物件を掲載されていて見にくい部分がある
  • 大家さんの意向でネットに載らない物件もある。(非公開物件)
  • 質問などができない。できたとしても回答に時間がかかる。

ポータルサイトを仲介不動産屋だと思っている人も少なくありませんが、ポータルサイトに掲載されている物件は、IT企業が運営されていることがほとんどです。仲介不動産会社が広告費を支払うことで、ポータルサイトに不動産物件が掲載されるため、掲載情報と最新情報に差がある点は注意してください。ポータルサイトには多くの物件が掲載されていますが、大家さんによっては載せていない物件もあります。ポータルサイトのメリットやデメリットを学んだ上で、上手に活用しましょう。

(2)不動産仲介会社に探してもらうメリット・デメリット

不動産仲介業者は、レインズと呼ばれる不動産流通標準情報システムを活用して物件を調べます。そのため、1つの不動産仲介会社でなければ希望する物件が選べないと言う訳ではありません。不動産仲介会社に探してもらうときは、丁寧な対応をしてもらえる業者を選ぶようにしてください。

不動産仲介会社に探してもらうメリット

  • 高級物件など新規物件の新着情報時は便利
  • 未公開物件に出会える

人気物件だと1-3日で申し込みが入ってしまうため、新規物件の新着情報が入ったらすぐに確認する必要があります。ポータルサイトへのアップロードは不動産会社が手動でアップしているため更新タイミングが遅いときがあり、機会を逃してしまう可能性がある点は注意しなくてはいけません。

不動産仲介会社に探してもらうデメリット

  • 来店する手間や時間がかかる
  • 不動産仲介会社によっては相性が合わない場合あり

相性の良い不動産仲介会社を選ぶためには比較することがポイントですが、複数の不動産仲介会社に来店するとなると費用も時間もかかります。その場合は、メールを使って不動産仲介会社を選ぶのも1つの方法です。自分の希望する条件をまとめてメールを送ることで返答のスピードや内容から雰囲気を掴むことができます。

(3)結局どちらで探すほうがいいの?

ポータルサイトと不動産仲介会社を双方うまく使って探しましょう。

  • 自身で空いている時間に、ポータルサイトで調べて気になった物件があったら、仲介会社に空室状況などを調べてもらいましょう。
  • 気になっている物件や条件を仲介会社に伝え、条件に合った色々な物件を提案してもらいましょう。

(4)仲介会社の選び方

仲介会社の選び方は、「街の不動産屋さんに行く」 or「Webサイトから問い合わせ」によってコンタクトを取ることができます。気になる仲介会社を見つけたら事前にWebサイトで調べましょう。避けるべき仲介会社の特徴は、「誇張表現を頻繁に使用する」「急かしてくる」などの点が挙げられます。掲載されている広告に、誇張表現である「日本一」や「一番」などの言葉が頻繁に使われていないかを確認してみてください。また、「良い物件なので早くなくなる」など契約を急かしてきたり、押し売りをしてくるような会社は要注意です。会話方法(対面・電話・LINE)や、クイックレスポンスなどから会社を見極めることがポイントです。

8.内見をしましょう!

内見は、実際に建物を見ることで設備や建物の環境を知ることができます。引っ越し先が遠い、スケジュール的に厳しいなど内見が難しい人は、代行サービスを活用することがおすすめです。自分の希望の物件が見つかったら内見を依頼してください。

(1)内見予約の方法

内見の予約方法には、電話、メール、LINEがあります。基本的に気になる物件のWebページにお問い合わせ欄があるため、そこから内見予約します。公開から1-2週間で申し込みが入るケースが多いので早めに内見をするようにしてください。

(2)内見方法

内見方法には、「現場で営業から案内」と「オンライン内見」の2種類があります。それぞれの流れを具体的に見ていきましょう。

現場で営業から案内してもらう場合:

1.不動産会社の担当者と待ち合わせ
2.希望条件を確認
3.現場に向かったあと、希望の物件を内見します。
申し込みはその日でなくても構いません。急かされて申し込みしてしまうことがないよう、しっかりと考えてから契約をすることをおすすめします。

オンライン内見の場合:

1.希望者の代わりに不動産会社の担当者が現場に向かう
2.ビデオチャット機能を使い、映像と音声を交えながら行っていく
インターネットの環境が整っていれば可能なため、現場が遠くて行けない場合やお仕事で時間が取れない場合に活用してみてください。疑問点があるときは、その場で質問することができるので不安な点は解消しておくことをおすすめします。

(3)内見時に見るべきポイント

内見のときに見るべきポイントは物件近くの環境です。部屋の日当たりや騒音、街並みを確認することで住みやすい環境かどうかの雰囲気がわかります。また、事故物件でないかどうか、諸費用について不動産会社でないとわからないことも忘れずに確認してください。

9.気に入った物件に申し込みましょう!

内見を経て気に入った物件を見つけることができたら、不動産会社に申し込みを依頼します。
申し込みの段階では、個人情報について詳しく聞かれることが多いでしょう。申し込みのときに準備するものをお伝えしていきます。

(1)申し込み時に準備するもの

申し込みの段階では、「入居者の情報」「勤務先の情報」「連帯保証人の情報」が求められます。入居者情報に関しては、基本的な個人情報である氏名、電話番号、住所、メールアドレスなどを聞かれることが多いです。本人の勤務先情報は、会社名、会社の住所、連絡先を問われるでしょう。連帯保証人の情報は、入居者との続柄や連絡先が必要です。場合によっては、住民票や免許証など身分が証明できるものを所有しておくと安心です。貸主によって求められる内容が異なる可能性があります。

(2)保証会社とは?

以前は賃貸物件を借りるときに連帯保証人が必ず必要でしたが、最近は連帯保証人の代わりに賃貸保証会社を利用するケースが増えています。賃貸保証会社は家賃が払えなくなった入居者の代わりに大家さんに家賃を立て替えするものです。連帯保証人がいない人は賃貸保証会社の利用を検討してみてください。

(3)個人で申し込みをする?法人で申し込みをする?

個人で申し込みをするか、法人で申し込みをするかによって必要書類や内容など異なる部分があるため、事前に決めておく必要があります。個人で申し込みをする場合は、家賃を支払っていくことができるかを調べますが、法人契約になると会社の経営状況が問われます。また、法人の場合は連帯保証人が会社代表者となる点も異なります。法人契約をすると、家賃を経費にすることが可能で、従業員の家賃負担が軽減されるため、求人募集のときに福利厚生として有利となります。法人で申し込みをすると書類が多く、手間がかかる点はデメリットです。それらのメリットやデメリットを踏まえた上で個人か法人かを決定してください。

10.申し込み後の流れと注意点とは?

希望する賃貸物件の申し込みが完了したら、入居審査の手続きになります。入居審査から引っ越しまでの流れや契約時の必要なものに関する注意点を見てきましょう。

(1)入居審査

入居審査は、申し込みをした賃貸物件に住むに相応しいかを確認するものです。賃貸借契約書を結ぶ前に行われます。希望する賃貸物件の家賃を払い続ける能力があるか、連帯保証人の保証意思があるかどうかが重要です。

(2)契約と契約時に必要なもの

入居審査が通ると契約になります。契約前に重要事項説明が行われ、賃貸物件に関する内容の最終確認です。問題がなければ本契約になります。本契約の際に必要なものは、借主の住民票、実印、銀行印、収入証明書です。また、連帯保証人の住民票や印鑑証明書が必要になるケースもあります。不動産会社によって必要なものが変わる可能性があるため注意してください。急遽、キャンセルをすることになった場合は、賃貸借契約を締結する前であれば可能です。もし、契約後にキャンセルすると賃貸借契約の解除になるため、礼金や仲介手数料が戻らない可能性があることを覚えておきましょう。

(3)引っ越し準備と引っ越し

入居先が決まったら、ついに引っ越しです。いざ引っ越しをすると言っても何から手を付けたらよいかわからない人も多いのではないでしょうか?引っ越しの2週間前にやること、1週間前にやることなど具体的に計画を立てながら取り組むと焦らずに済みます。まずは、引っ越し業者を選択して日程を決めます。次に大きな荷物をまとめ、現在住んでいるところの掃除をしましょう。その際に水道・ガス・電気・郵便など各種解約手続きを忘れないようにしてください。引っ越し当日は荷物の忘れ物がないように確認し、現住まいを明け渡して完了です。

11.高級物件をお探しの際のコツ

高級物件は選べる選択肢が多いため、どのように決めたらよいか迷いがちです。高級物件の設備ばかり気にしすぎて、駐車場や子どもの学校についてもっと詳しく調べておけばよかったと後悔しないようにしなくてはなりません。高級物件を探すときのコツについてご紹介していきます。

(1)こだわり条件を明確に!

高級賃貸物件において、こだわりポイントの見定めは重要となってきます。生活する上で欠かせないものは必ず押さえておきましょう。スポーツが好きならジム付きの物件、車を所有しているのであれば駐車場付きの物件、ペットを飼っているならペット可の物件と1つずつ絞っていくと高級物件の中でも自分に合ったところが見つかりやすくなります。

(2)車のサイズ確認、試し入れが必要のケースも

高級物件の中には、駐車場付きのところもあり、車検証に記載されている車のサイズを確認し、実際に試し入れさせてもうと確実です。駐車したときに横幅の余裕がないと不便なため、その点も確認するようにしてください。車の盗難が絶えないことからセキュリティー 面に注目することもポイントです。

(3)学区のこだわり、名門小学校の学区内で選ぶケース

名門小学校に通わせるために、学区内の住所に引っ越す人もいます。幼少期から周りの友人関係は大切であり、環境によって自然と勉強する習慣がつきやすいものです。中学受験をする人が多い小学校だと受験勉強の環境が整っていますが、中学受験率が低い小学校だと受験に対して理解してもらえない可能性もあります。

(4)内見はお早めに!

都内の高級な人気物件は、空室または空室予定が出た際にすぐに申し込みが入り、内見もできないケースが多々あります。ですので、気になった物件は早めに内見をされることをおすすめいたします。引っ越し希望時期と照らし合わせながら、内見予定を考えると良いでしょう。
また、特定の限定したエリア、特定のマンションで入居をお考えの方は、自身で常に検索されるのはもちろん、仲介業者の営業担当に空室が出たら内見する希望をしておくこともおすすめです。

12.まとめ

賃貸物件の探し方のコツや手順などを詳しく解説してきました。引っ越しは手間や時間がかかるため余裕をもって取り組むことをおすすめします。さまざまな物件があるため、自分のライフスタイルに合わせて、希望する賃貸物件を見つけましょう。

RENT

高級賃貸物件を借りる

BUY

高級中古マンションを買う

0120-684-520 年中無休 10:00-19:00
お問い合わせ