職住近接で上質な都心生活を送れる。文化や政治の中心地「千代田区」

公開日:2021年11月28日   最終編集日:2021年12月15日

職住近接で上質な都心生活を送れる。文化や政治の中心地「千代田区」

目次

1. 千代田区はどんな街?

港区、中央区とともに、「都心三区」を形成する千代田区。皇居はもちろん、霞が関は日本の行政の中心地、永田町は政治の中枢、丸の内と大手町は日本一のオフィス街、秋葉原は日本一の電気街として、日本の中枢機能を有しています。これだけの機能が集中していますので、昼間は区内に大勢の人が集まります。千代田区は23区の中で最も人口が少ないエリアですが、近年の大規模再開発マンションの竣工と「都心回帰」現象により、人口増加が続いています。

主なエリアとしては、丸の内・大手町のビジネスエリア、番町と呼ばれる高級住宅街、神田を中心とした下町エリアに分けられます。神田周辺では高層マンションの建設が増えています。

1-1. 千代田区の人気エリア(御茶ノ水、神保町、半蔵門、岩本町)

◆御茶ノ水

東京医科歯科大学、駅の南には日本大学・中央大学・明治大学、順天堂大学のキャンパスがあるため、学生が多い街です。そのため、一人暮らし用の物件が多いのが特徴です。学生が多いので、安くて美味しい飲食店も豊富にあります。また、総合病院もたくさんありますので、安心して暮らせるでしょう。

◆神保町

書店が大通り沿いに並び、出版社も多く立地しており、まちを挙げて「古書市」を定期的に開催しています。そのため、「世界最大の本の街」と呼ばれています。また、神保町のグルメといえばカレーですが、他にも安くて美味しい飲食店が軒を連ねています。

◆半蔵門

駅の周辺には、皇居や各国大使館など国の重要機関が集まっており、全体的に落ち着いた雰囲気が漂っています。場所柄、警察によるパトロールが頻繁に行われていますので、治安が非常に良いエリアです。また、「国立劇場」やテレビ・ラジオ局なども立地しており、文化的な施設が多いのも特徴です。

◆岩本町

昭和通り方面は企業の本社が多く、靖国通りや首都高速1号線も走っていて、車の通りの多いオフィス街になっています。JR秋葉原駅と神田駅も徒歩圏内にあり、交通アクセスの良いエリアです。オフィス街のため、平日夜間や週末は静かな環境になります。

2. 千代田区のおすすめポイント

【おすすめポイントその1】交通利便性が良い

東京の玄関口である東京駅を始め、中枢機関が集積するエリアのため、交通機関が発達しています。JR、東京メトロ8路線、都営地下鉄3路線が乗り入れ、通勤や通学に便利な立地です。最近重視されている、自宅と勤務先の距離が近く、通勤時間が短くて済む「職住近接」の暮らしが送りたい方は、千代田区はぴったりのエリアと言えるでしょう。

【おすすめポイントその2】皇居、日比谷公園など自然が豊か

千代田区の中央に立地している皇居の面積は、1.42k㎡で千代田区の面積の約12%を占めています。公園の数は多くはありませんが、面積や人口比率では23区の中でも上位に位置しています。皇居外苑や日比谷公園など大きな公園が各所にあり、都会にいながらも豊富な自然を身近に感じられます。

【おすすめポイントその3】教育・文化施設が充実している

小・中学校から高校・大学まで数多くの学校が千代田区にキャンパスを構え、学問の街としても知られています。特に、名門校や有名大学が多いため、教育熱心な方がそのために引越してくるファミリーも。文化施設としては、国立近代美術館、出光美術館があり芸術を身近に感じられます。また、科学技術館は体験型の施設として、国立劇場や帝国劇場など舞台芸術に触れられる施設も充実しています。

3. 千代田区の治安はどう?

千代田区の犯罪発生率は23区で最下位であることが多いですが、23区の中で人口が最も少なく、昼間の人口が多いためだと考えられます。実際は、昼間の人口の多さを考慮すると、治安が良い区と言えるでしょう。人が集まる東京駅や秋葉原は比較的犯罪が多い傾向にありますが、青色パトロールカーの巡回など、千代田区として安全対策を強化しています。

4. 千代田区の環境・生活施設について

千代田区は、皇居や日比谷公園など自然豊かな環境に恵まれています。1人あたりの公園面積では1位となっています。このほとんどが皇居外苑などの国民公園となり、利用することは出来ませんが、視覚的にも緑が豊富で自然を身近に感じられるでしょう。

医療機関については、都内の中枢機関が集まる場所ということもあり、大規模な病院が多く立地しています。人口1,000人あたりの医師数で23区中1位となっています。スーパーや食料品の買い物についても、JR沿線を中心に買い物できる場所が増えていますので、不自由に感じることはあまりないと思われます。また、千代田区はコンビニの数が全国で5位にランクインしており、1人暮らしの方には心強いでしょう。

5.千代田区の賃貸マンションの特徴と相場

家賃が高いことで知られる千代田区。家賃の高さでは常にトップ3に入っています。特に、皇居の北西部に位置する「番町」と呼ばれる一番町から六番町までのエリアは高級住宅地としても有名で高級マンションが多い傾向にあります。最近では、価格が抑えられる神田などの下町エリアに新築マンションが増えています。。

【渋谷区のマンション相場表】

間取り 家賃相場
間取り 家賃相場
ワンルーム 7.4万円
1K 9.2万円
1DK 12.5万円
1LDK 17.9万円
2K 13.9万円
2DK 17.8万円
2LDK 24.9万円
3LDK 20.9万円

6. 千代田区のおすすめ賃貸マンション3選

【東京パークタワー】

都営三田線「神保町駅」徒歩2分。駅と直結しており、「東京メトロ半蔵門線」「都営三田線」「都営新宿線」の3つの沿線が利用可能。モダンなデザインと庭園の緑が美しい高層タワーマンションです。充実した共用施設を備え、マンションの1、2階には店舗が入っているため、利便性の高いマンションです。

東京パークタワー
https://residence.xincere.jp/buildings/183

【ラ・トゥール千代田】

都営新宿線、東京メトロ東西線・半蔵門線「九段下駅」徒歩4分。32階建ての超高級タワーマンションです。皇居北の丸公園が至近距離にあり、環境はもちろん、安全面・サービス面でも申し分ない、全てにおいてハイグレードな暮らしが可能となるでしょう。

ラ・トゥール千代田
https://residence.xincere.jp/buildings/104

【ウェリスタワー千代田岩本町】

東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」徒歩2分。9駅10路線が徒歩10分圏内の高級タワーマンションです。三方向が道路に囲まれた開放感ある立地を生かしたデザインが魅力です。防犯面では4重セキュリティやケータイホームセキュリティなど、最新のセキュリティシステムが導入されています。

ウェリスタワー千代田岩本町
https://residence.xincere.jp/buildings/405

千代田区は、首都機能が集積された最先端の国際都市

千代田区は、江戸時代以降、政治・経済・教育・文化の中心地として発展してきました。首都機能が集積されていると同時に、国際ビジネス都市、観光都市東京の中心としての役割も担い、都心居住も進展し、多様な人々の生活・活動の場になっています。

千代田区は、利便性とコスパを重視する方は神田周辺、学生には御茶ノ水周辺、由緒ある住宅地で落ち着いて暮らしたい方には番町周辺がオススメです。

RENT

高級賃貸物件を借りる

BUY

高級中古マンションを買う

0120-684-520 年中無休 10:00-19:00
お問い合わせ